子供とライブ、コンサートに行く!立ち見、スタンディングはどうする?

子供とライブ ライブ、フェス
記事内に広告が含まれています。

子供とコンサートに行きたい!


でも、、

前が見えなさそ・・どうしよ。


という方、居るかと思います。


子供と一緒に行きたい悩んでいる方

今回の記事

・座席の選び方

・マナーと危険の配慮

・立ち見でのアイテム


について紹介していきます♫



・ライブには耳の保護を!イヤープラグ紹介



・子供向けおすすめタブレットと選び方↓


スポンサーリンク

座席の選び方

コンサートやライブは、

会場やコンサートライブの内容によって、席の種類や選び方は変わる



これが大前提になります。

その上で座席の選び方、見ていきましょう♫

親子席、着席ブロック

親子席や着席ブロック


があるライブやコンサートがあります。


立って楽しみたい気持ちもあるかと思いますが、子供と一緒の場合

これらの座席を選ぶのが1番良いと思います♫

アリーナ席、スタンド席

それでも、

・親子席や着席ブロックが無い

・倍率が高くて取れにくい、取れない


という場合は、

管理人
管理人

スタンド席を選びましょう♫


アリーナ席とスタンド席の違い↓

・アリーナ席:1階のライブ向けに設置された座席

・スタンド席:椅子に座ってみれるステージより目線が高い席



アリーナ席の方がステージに近く、熱気を感じられるメリットがありますが

”立ちっぱなし”、”前が良く見えにくい”というデメリットがあります。


スタンド席は、ステージより目線が高い席

会場に依りますが一般的には「段差」があり、ステージからは遠いが「視界」が良い席になります♫


子供を連れて行く場合は、

管理人
管理人

スタンド席の方が良いでしょう♫




子供向けオススメ音楽サブスク↓


マナーと危険の配慮

子供を連れて行く際


必ずマナーと危険には配慮すること



会場やコンサートの「注意事項」や「禁止事項」に記載の内容は、必ず守りましょう

また、子供が泣き叫ぶ・自席から動き回る等の恐れがある場合

残念ですが、

連れて行かない方が良いです



子供は悪く無いですが、他のお客さんに迷惑を掛ける恐れがあるからです。

年齢制限があるコンサートやライブもありますが、例えば自制心が持てるようになる小学生以上になるまでは、家や託児所に預けて行った方が良いと思います♫



・数千種類の豊富なコンテンツ。

未就学児〜小学生向け学習・書籍・音楽コンテンツ「Amazon kids+」無料体験↓

\\ 30日間の無料体験が可能。無料期間中に解約すれば費用¥0 //

踏み台の持ち込みについて

踏み台とか持ち込んではダメ?


と考える方も居るかと思います。

・会場の規則遵守、問合せする

・暗い中で子供が危険


恐らくほとんどの会場で「NG」だと思いますが、仮に「OK」だったとしてもマナー・周囲への配慮、そして何より暗い中での子供の危険を考えると

管理人
管理人

止めるべきでしょう♫


立ち見でのアイテム

座席の選び方やマナー・危険について記載してきました♫


それでも、

・アリーナ席かスタンド席か選べない(一緒の席種になっている)

・スタンド席で前の人達が立ちっぱなし


というケースもあります。。。


正直云うと、こういうケースも含めた明確な解決策は無く子供を連れていく選択をした以上ある程度の

管理人
管理人

致し方なし、割り切り


は持つべきでしょう。

その上で2つほどアイテムを紹介


双眼鏡

Amazon・オリンパスサイトより画像引用

会場によりますが、スタンド席はステージまで距離があり、ドームクラスだと肉眼ではほとんど見えませんよね。


前の人が立っていようが座っていようが、双眼鏡はマストに近く役立つと思います♫


今回は、

①超小型・軽量・低価格の双眼鏡

②性能◎カメラ機器メーカーの双眼鏡


の2種類を紹介。


まず、会場によりますが、倍率は「10倍」以上の双眼鏡が良いと思います。

超小型・軽量・低価格

・Amazon双眼鏡でベストセラー1位

・¥2,000台で購入可能

・10倍ズーム

・約135g

・持ち運び簡単な手のひらサイズ

・6色カラー有り



子供も使える「軽量」・「コンパクト」。


「コスパ最強」と、クチコミも「4.7」とかなり高いです♫

Amazonサイトより画像引用


興味ありましたら、チェックしてみて下さい↓


OLYMPUS(オリンパス)10倍ズーム

・性能安心のカメラ機器メーカー製品

・¥6,000〜¥7,000台で購入可能

・10倍ズーム

・約170g、サイズもコンパクト

・曲線美を生かしたデザイン



こちらも

子供も使える「軽量」・「コンパクト」。



双眼鏡にも「性能」があり、倍率以外に「明るさ」や「綺麗に見るためのレンズ」など様々。

オリンパス等の双眼鏡も発売しているカメラ機器メーカーがあり、価格は少し張りますが「性能」の信頼度はその分高いです♫


コンサートやライブ以外にも、スポーツ観戦やアウトドアなど活用シーンは多くあり

以下、興味ありましたらチェックを♫


子供用厚底スニーカー

Amazon・MOONSTARより画像引用

「解決策」にはなりませんがスタンド席で立った際に「少しでも見えやすく」するアイテムとして


子供用厚底スニーカー


があります。

最近は韓国風ファッションとして流行っていますね。


今回は女の子用の人気ジュニア厚底スニーカーを1点紹介。


※大人がマナーや周りに影響を与えるような使い方は止めましょう(厚底ヒールなど)

MoonStar NIMO (ムーンスターニーモ)

・厚底(ソール高)約5~6cm

ゴム感があって滑りにくい



足が長く見えて、オシャレになれる♫と人気のアイテム。


興味ありましたらチェックしてみて下さい↓サイズはきちんとチェックしましょう↓


・MoonStar NIMO NM J074



・MoonStar NIMO NM J084 (2023秋冬モデル)

最後に

いかがでしたでしょうか。


ぜひ今回の記事を参考に役立て頂ければ幸いです。



その他ライブ関連記事ありますので、良かったらゼヒ↓



・ライブには耳の保護を!イヤープラグ紹介



・コーチェラフェスとは?↓


・ライブのチケット土日の倍率は?



その他、音楽好きな子供向け

子供向けのおすすめ音楽プレーヤー、タブレット↓



子供向けのおすすめ音楽サブスク↓


ではでは!

この記事を書いた人
キリン

<オト・アサリビト>

■ブログ3年目
<月間 1万〜3万PVくらい>

■レコード愛好家
<和モノ,R&B,AOR,MPBなど1500枚くらい所有>

■音楽サブスク、レコード、オーディオ、グッズ等で音楽を漁る日々

■ブログや各種サービス情報も紹介

Twitter、インスタやってます↓

良かったら、フォローお願いします♫
ライブ、フェス音楽
スポンサーリンク
この投稿をシェアする♫
良かったら、フォローお願いします♫
タイトルとURLをコピーしました