子供とライブ・フェス。大人・子供用イヤープラグ・耳栓で耳の保護を!

ライブ用イヤープラグ ライブ、フェス
記事内に広告が含まれています。


ライブ行きたい!


でも、

大音量で耳の影響大丈夫?

特に子供の耳が心配・・・


と、不安・気になる方も多いかと思います。

今回、

・ライブ用の耳栓/イヤープラグの必要性

・人気のライブ用耳栓/イヤープラグ(子供向け含む)


を紹介していきます♫


・音ストレスから解放!日常生活全般でのイヤープラグ・聴覚保護について↓


スポンサーリンク

ライブ用 耳栓/イヤープラグの必要性

ライブ、フェスの音量(デシベル)

音の大きさを表す「dB(デシベル)」


耳に影響を及ぼす基準として

85デシベルで8時間


という基準があります。


建設・作業場においても、

・騒音規制法で「敷地境界線上で85デシベル超えないこと」と定義

・厚生労働省のガイドラインで85デシベル以上の作業場では聴覚保護具を使用することと記載


されています。

一方でライブ・フェス会場は、場所や内容に依りますが

100〜110デシベル程度の大音量


が出ていると云われており、

頻度や個人差に依りますが、耳・聴覚に影響を及ぼしかねない大音量

特に子供は心配。ライブの途中で不調・泣き出したりしないか?


と、気になりますよね。

世界日本のライブ事情<聴覚対策>

海外ではライブやスポーツ観戦で「イヤープラグ」=耳栓の使用が普及されている。


ライブ用イヤープラグは、

単なる耳栓とは異なり、音がこもる事なく”音質をキープ”したまま、デシベルを下げる


事が可能なアイテム。

ライブの体感は変わらずに、音の大きさを抑える事が出来ます♫


欧米では地域によってはクラブやバーで義務付けられていたり、ライブ会場で配布するなどの動きがあり、、


日本でも「突発性難聴」を発症された山口一郎さんがボーカルの「サカナクション」がライブでイヤープラグを無料貸し出しするなど、ライブでの「聴覚保護」の動きが出てきています。



また、ASIAN KUNG‐FU GENERATIONの後藤さんが、特にライブに来る子供のための「聴覚保護」を訴えたり、ももクロのライブで「イヤーマフ(※)」の貸し出しを行なったりと、徐々に普及されてきています。


※イヤーマフはこの後紹介

イヤープラグとイヤーマフ

イヤープラグが「音質をキープした耳栓」に対して、

「イヤーマフ」とは、

耳全体を覆うヘッドホンのようなタイプで、元々工事現場や射撃の選手が使用


していた聴覚保護具。

騒音対策としては良いのですが、以下の通り「持ち運びに不便」「圧迫感」であったり、目立つためライブの時には周囲の目が気になるというデメリットがあります。



ももクロのライブのように、ライブ主催側が呼びかけしていたり、貸し出しをしていれば良いのですが、そうでない場合は、なかなか持っていきづらいですよね。。


ただ「イヤーマフ」は、子供の勉強・睡眠用などでも活用されているので

興味ある方は以下チェックしてみてください♫

人気のライブ用耳栓/イヤープラグ(子供向け含む)

イヤーマフと比べると、やや性能は下がりますが(※)イヤープラグは、、

・持ち運び便利

・見た目も目立ちにくい

・圧迫感はほぼ無い

・値段もリーズナブル


「SNR」という「信号対雑音比」を表す値があり、この値が大きいほどノイズの影響を受けにくく性能が良い先ほど紹介したEZARCのイヤーマフはSNRが30デシベル。


ライブにはイヤープラグが最適です。

それでは、人気イヤープラグをこの後紹介♫

Loopエクスペリエンス


・スタイリッシュなイヤープラグ「Loop」

・音質落とさず音量を抑える。

・ベルギー初のブランドで世界中で展開


されてます。

ファッション性が高く人気があるイヤープラグ♫

・「LoopQuiet」,「LoopExperience」,「LoopEngage」と3種類製品を展開

・「LoopExperience」は音楽ライブに最適なイヤープラグ。

・SNRは18デシベル

・4サイズ(XS/S/M/L)のイヤーチップが付属

・色が人気のゴールドなど数種類あり



ライブ向けだけでなく、普段の生活でノイズを抑えたい方にも重宝されているようです♫


興味ありましたら以下チェックしてみてください♫


\\ 4サイズ(XS/S/M/L)のイヤーチップが付属 //




また、小さなお子さんには、ライブ目的のイヤープラグではありませんが、「XXS〜Mサイズ」のイヤーチップが付属された「Loop Engage Kids」も販売されています↓

Crescendoイヤープロテクター


・オランダ発のイヤープロテクター

・「Crescendo Music」はライブやフェス向け

・約20デシベルの音圧を低減

「Crescendo Music 20」のサイズはS/M/L

・小さな子供向け「Kids Unicorn 20」も販売



タワレコでもレコメンドされており、以下の通りプロ仕様のライブ向けイヤープラグ

プロ・ミュージシャンが利用するカスタム・イヤー・モールドやインイヤー・モニターと同じ技術を使用しており、調整されたフラットな減衰特性を持っているため、すべての周波数帯域において、ほぼ同等のレベルで音量が低減されます。元の音から何も失うことなく、安全な音量まで低下させることができます。

crescendo公式サイトより引用



人気のイヤープラグになります♫



Crescendo Music(クレッシェンド) ※サイズはM/L

\\ 2サイズ(M/L)のイヤーチップが付属 //



Crescendo Music 20(クレッシェンド) ※サイズはS/M/Lの3種類!

\\ 3サイズ(S/M/L)のイヤーチップが付属 //



小さなお子さんには、「Crescendo Kids Unicorn 20」が有ります。

管理人
管理人

我が家も使ってます♫


私管理人所有のイヤープラグ


Crescendo Kids Unicorn 20

最後に

いかがでしたでしょうか。

今後も「聴覚保護」の動きは高まってくるかと思います。

興味がありましたら、ぜひ使ってみて頂けたらと思います。



他参考記事もありますので、良かったら見てみてください。



・勉強、仕事用のイヤープラグ


・子供、学生向けのおすすめ音楽サブスク



・子供向けおすすめタブレット


ではでは!

この記事を書いた人
キリン

<オト・アサリビト>

■ブログ3年目
<月間 1万〜3万PVくらい>

■レコード愛好家
<和モノ,R&B,AOR,MPBなど1500枚くらい所有>

■音楽サブスク、レコード、オーディオ、グッズ等で音楽を漁る日々

■ブログや各種サービス情報も紹介

Twitter、インスタやってます↓

良かったら、フォローお願いします♫
ライブ、フェス音楽
スポンサーリンク
この投稿をシェアする♫
良かったら、フォローお願いします♫
タイトルとURLをコピーしました