夏フェス、野外フェスに使えるおすすめスピーカー、音楽サブスク紹介!

野外フェス、スピーカー ライブ、フェス
記事内に広告が含まれています。

久しぶりに、

野外フェスでハジけるぞ!

という方も多いかと思います。


ドライブ中やテント、宿泊先・・でも

出演者の音楽など、音楽を流して盛り上がりたいですよね♫

今回、フェスに持っていく、

今回の記事

・オススメの小型スピーカー

・音楽サブスク最新状況


を紹介していきます。

スポンサーリンク

スピーカーの選び方

以下3つのポイントで選ぶのがオススメ。

①小型(サイズ、重さ)

②防水、防塵

③連続再生時間


小型(サイズ、重さ)

フェスはなるべく重い荷物を減らしたいですよね。

移動手段や利用シーンによって異なりますが、

500g


を1つの目安に考えると良いと思います。


500g」は、500mlの水のペットボトルの重さ(容器の重さを加えると500g強)

もう少し重くても良いか、もう少し軽いのが良いかで選べますね♫

防水・防塵

フェスでは雨が降る可能性も。

野外では防水(防塵)のタフな仕様がベター。


防水・防塵は、スマホの仕様でもお馴染みの

「IP○○」という国際的な指標があります。

1つ目の○が防塵。2つ目の○が防水の等級。どちらかが省略の場合はXで表記されます。

数字が大きい=等級(性能)が高い


(例)

・IP67 防塵の等級6、防水の等級7

・IPX7 防塵の等級無、防水の等級7

・IP6X 防塵の等級6、防水の等級無



目安としては、「IP67」あれば良し。

ひとまず防水機能でOKであれば、「IPX7」でも良いと思います。

連続再生時間

3つ目は、充電が出来ない環境を想定し、連続再生時間

目安は利用シーンによって異なるので、一概には云えないですが

どれくらい使用予定か想定を。

おすすめのメーカー

メーカーは挙げればキリなし。

今回以下3社の人気・有名メーカー/ブランドをおすすめします。

①Bose

②JBL

③Anker


3社ともスピーカー、そしてワイヤレスイヤホン でも大人気・有名なメーカー/ブランド。

音質と価格は大体比例するので、あとは予算と共に決めればOK♫

①Bose SoundLink Flex


まず最初は、BOSEのスピーカー

米国に本社を置く、スピーカーを主とした音響メーカー。

小型ながらも迫力の重低音が特徴で、私管理人も自宅リビングのBluetoothスピーカーはBOSEの製品を使っています♫


以下、2022年4月に発売した「Bose SoundLink Flex


・ポイントとなる仕様

サイズ20.14cm(幅) × 9.04cm(高さ) × 5.23cm(奥行)
重さ580g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大12時間

IP67仕様で、500g強と500mlペットボトル相当の重さ

価格は1万5千円〜1万台後半と、他の安価なスピーカーと比べると少々値が張りますが、音質はBOSEはとても良いです♫


4色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓


②Bose SoundLink Micro


同じくBOSE・2022年4月発売の「Bose SoundLink Micro」。


・ポイントとなる仕様

サイズ9.83cm(幅) × 9.83cm(高さ) × 3.48cm(奥行)
重さ290g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大6時間


10cm四方、290g超小型スピーカー

価格も1万2千円〜1万5千円台で、BOSEのスピーカーとしては安価な価格帯


IP67仕様、3色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓


③JBL Flip 6


続いて、同じくアメリカに本社を置くJBL

家庭用オーディオから映画館・コンサートホール等、大規模施設の音響機器も手がける1946年設立の老舗音響メーカー/ブランド

特にJBLと云えば、スピーカーが有名


2021年11月発売の「JBL Flip6


・ポイントとなる仕様

サイズ17.8cm(幅) × 6.8cm(高さ) × 7.2cm(奥行)
重さ550g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大12時間

先ほど紹介した「Bose SoundLink Flex」と同等のスペックながら、

値段はBOSEより若干安価の1万3千円〜5千円台とお得。

連続再生時間最大12時間!



魅力的なデザインで6色カラーから選べます♫


詳細の仕様やレビューは↓


④JBL GO3 ECO


JBLの2023年1月発売「JBL GO3 ECO

累計販売台数4,800万台を超える大人気の「GO」シリーズから、リサイクル素材を生かしたエコな新色の製品。


・ポイントとなる仕様

サイズ8.6cm(幅) × 6.9cm(高さ) × 4.1cm(奥行)
重さ210g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大5時間

今回紹介する製品で、最軽量・小型サイズ(210g)

連続再生時間は5時間なので日帰りの場合はオススメ

値段もJBLスピーカーで5千円台と超お得♫


詳細の仕様やレビューは↓



元々2020年11月発売された、超大人気の「JBL GO3」も5千円台で購入可能

6色カラーから選べ、フェスだけでなくビーチや、家のキッチン・お風呂でも音楽を楽しめる♫ヒット商品。興味あれば、レビューや詳細の仕様をチェックしてみてください↓


⑤Anker Soundcore 3


最後は、中国に本社を置くANKER。

私管理人もワイヤレスイヤホン はANKER製品を使ってます♫

2020年12月発売の「Anker Soundcore 3


・ポイントとなる仕様

サイズ17.4cm(幅) × 5.7cm(高さ) × 5.9cm(奥行)
重さ500g
防塵・防水IPX7
連続再生時間最大24時間

「IPX7」なので防塵対応は無ですが、防水機能は有り

特徴は、「連続再生時間」が「24時間」!そして、価格帯が5000円前後とお得♫

BOSE/JBL程のブランド力/人気は無いですが、ワイヤレスイヤホン でも有名なメーカー。値段重視の方にはオススメ。


4色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓

音楽サブスク最新状況


最後に、フェスの合間に好きなアーティストやプレイリストの曲を聴くための「音楽サブスクサービス」最新状況を

・大手3社サービスの比較(2023.6.3時点)

サービス月額料金(※)楽曲数備考
Amazon Music Unlimited1080円
Amazonプライム会員は880円
1億曲以上2023年2月21日〜1080円へ価格改定
Apple Music1080円1億曲以上2022年10月価格改定済
Spotify980円8000万曲以上

※料金体系はサービスによって学割・ファミリープラン等あり

月額980円のSpotifyが最安値


ですが、AmazonPrime会員であれば

月額880円AmazonMusicUnlimitedが最安値



となります。(学生は580円!)

Amazonは1つグレードが下の「AmazonMusicPrime」サービスもありますが、2022年11月に仕様が変更され、

指定した曲が聴けないシャッフル再生


となりました。また、AmazonMusicPrime」はオフライン再生が出来ません。


一方AmazonMusicUnlimitedであれば、オフライン再生が可能。また、


管理人
管理人

シャッフル再生でなく、指定曲を最大ハイレゾ音質で聴く事が可能♫


となります↓


これからサブスクを検討したい方乗り換えを検討している方にオススメ♫

サブスクは止めたい時に止めれるのが良い点。

さらにAmazonMusicUnlimited30日間の無料体験が可能無料期間中の解約で費用¥0)なので、興味ある方はまずはチェックしてみてください↓


現在、無料体験キャンペーン中

Amzonサイトより画像引用

2023/7/13までの登録で、3ヶ月間の無料体験が可能プライム会員であれば4ヶ月間の無料体験可能!

無料期間中の解約で、費用¥0。

おすすめキャンペーンなので良かったら↓

\\ 30日間の無料体験が可能。無料期間中に解約すれば費用¥0 //

最後に

いかがでしたでしょうか。

快適なフェスをゼヒ!


フェスグッズ、他記事も多数あり↓

・暑さ対策グッズ全般


・フェスに持参のマグボトル


・ハンズフリー扇風機


・フェスにオススメの帽子


ではでは!

この記事を書いた人
キリン

<オト・アサリビト>

■ブログ3年目
<月間 1万〜3万PVくらい>

■レコード愛好家
<和モノ,R&B,AOR,MPBなど1500枚くらい所有>

■音楽サブスク、レコード、オーディオ、グッズ等で音楽を漁る日々

■ブログや各種サービス情報も紹介

Twitter、インスタやってます↓

良かったら、フォローお願いします♫
ライブ、フェス音楽
スポンサーリンク
この投稿をシェアする♫
良かったら、フォローお願いします♫
タイトルとURLをコピーしました