防水おすすめBluetoothスピーカー7選!アウトドア、お風呂でも

防水防塵Bluetoothスピーカー オーディオ

外でも音楽を聴きたい!Bluetoothスピーカーが欲しい♫


でも、、

一杯あって良くわからない

防水防塵とか大丈夫かな・・


キャンプや公園、海水浴・・・などアウトドアから、お風呂やキッチン等の室内でも使える

防塵、防水バッチリのおすすめ小型Bluetoothスピーカー


を紹介していきます♫

スポンサーリンク

防塵・防水の仕様と目安

まず、防塵・防水の性能から。


国際的に定められた防水・防塵性能「IPコード(IP○○)」があります。1つ目の○が防塵。2つ目の○が防水の等級どちらかが省略の場合はXで表記されます↓


・防塵

KDDIトビラ公式サイトより


・防水

防水仕様
KDDIトビラ公式サイトより



キャンプや公園、海水浴などのアウトドアでは、防塵・防水が気になりますよね。室内でも、お風呂やキッチンでは防水が必須。


防塵・防水バッチリの製品を購入する場合、

IPX67 以上を目安


にしましょう。

スピーカーの選び方

数多くあるメーカー・仕様から、今回以下3点をポイントおすすめスピーカー7選を紹介していきます。

・音質

・防水

・サイズ、重さ



「音質」は定量的に表す事が難しいため、人気で有名・口コミも高いメーカーに絞る。

「防塵・防水」は、IPコードを元に決める。

・外出先に持っていく場合は「小型(サイズ、重さ)」も考慮する。



重さの目安ですが、状況によりますが

500g前後


を1つの目安にすると良いでしょう。


500mlのペットボトルが約500gなので、かなり持ち運び便利ですよね。



あとは、

管理人
管理人

せっかくGetするのであれば「音質」が良いスピーカーがオススメ♫



です。


良く知らないメーカーの製品を購入すると、結局後で買い直しをすることに。。。

おすすめのスピーカー7選

今回、以下3社の人気・有名メーカー/ブランドをおすすめします。※製品は7つ紹介。

①Bose

②JBL

③Anker


3社ともスピーカー、そしてワイヤレスイヤホン でも大人気・有名なメーカー/ブランド




私管理人は、

管理人
管理人

ワイヤレスイヤホンは「Anker」

管理人
管理人

リビングのBluetoothスピーカーは「Bose」

管理人
管理人

持ち運び用の小型Bluetoothスピーカーは「JBL」



を使ってます♫

①Bose SoundLink Flex


まず最初は、BOSEのスピーカー

米国に本社を置く、スピーカーを主とした音響メーカー。

小型ながらも迫力の重低音が特徴


以下「Bose SoundLink Flex」。


・ポイントとなる仕様

※外出時にポイントとなる「連続再生時間」も記載

サイズ20.14cm(幅) × 9.04cm(高さ) × 5.23cm(奥行)
重さ580g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大12時間


IP67仕様で、お風呂でも使用可能な防水仕様

価格は1万5千円〜1万台後半と、他の安価なスピーカーと比べると少々値が張りますが、音質はBOSEはとても良し♫お風呂だけでなく、キッチンやリビング。500mlペットボトル相当の軽さなので、屋外に持ち運びも出来ますね。


4色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓



②Bose SoundLink Micro


同じくBOSEの「Bose SoundLink Micro」。


・ポイントとなる仕様

サイズ9.83cm(幅) × 9.83cm(高さ) × 3.48cm(奥行)
重さ290g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大6時間


こちらもIP67で防塵・防水バッチリの仕様。サイズは10cm四方に収まる、290gの超小型スピーカー

価格も1万2千円〜1万5千円台で、BOSEのスピーカーとしては安価な価格帯


3色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓


③JBL Flip 6


続いて、同じくアメリカに本社を置くJBL

家庭用オーディオから映画館・コンサートホール等、大規模施設の音響機器も手がける1946年設立の老舗音響メーカー/ブランド

特にJBLと云えば、スピーカーが有名で、日本のBluetoothスピーカー人気ランキングでは常に上位。

今回JBLから3製品を紹介♫



まずは、「JBL Flip6」。



・ポイントとなる仕様

サイズ17.8cm(幅) × 6.8cm(高さ) × 7.2cm(奥行)
重さ550g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大12時間


先ほど紹介した「Bose SoundLink Flex」と同等のスペックながら、

値段はBOSEより若干安価の1万3千円〜5千円台とお得。

魅力的なデザインで6色カラーから選べます♫


詳細の仕様やレビューは↓


④JBL GO3 ECO



JBLの2023年1月発売「JBL GO3 ECO

累計販売台数4,800万台を超える大人気の「GO」シリーズから、リサイクル素材を生かしたエコな新色の製品。



・ポイントとなる仕様

サイズ8.6cm(幅) × 6.9cm(高さ) × 4.1cm(奥行)
重さ210g
防塵・防水IP67
連続再生時間最大5時間


こちらもIP67の防水仕様。今回紹介する製品で、最軽量・小型サイズ(210g)のため、スペースを取らない・外出時の持ち運びが楽。

値段もJBLスピーカーで5千円台と超お得♫


詳細の仕様やレビューは↓


ベストセラーの超大人気「JBL GO3」も5千円台で購入可能


6色カラーから選べ、ビーチ・公園から、家のキッチン・お風呂でも音楽を楽しめる♫という事で、ヒット商品に。興味あれば、レビューや詳細の仕様をチェックしてみてください↓

⑤JBL CHARGE 5 Wi-Fi

人気製品「JBL CHARGE5」が、2023年11月「Wi-Fi」対応されて発売。


・ポイントとなる仕様

サイズ22.3cm(幅) × 9.7cm(高さ) × 9.4cm(奥行)
重さ1kg
防塵・防水IPX67
連続再生時間最大20時間



約1kgと今回紹介の製品では一番重いですが、

重厚感あるパワフルなサウンドが特徴で、車で移動するようなレジャーに最適。

Wi-Fi対応されて価格が少々お高いですが、音質に加えて連続再生時間も長く友人と長時間楽しむような場には良いかと思います。



元々のWi-Fi未対応の「JBL CHARGE5」は、ほぼ仕様は変わらずお値段が少しリーズナブルになってます♫


・ポイントとなる仕様

サイズ22cm(幅) × 9.6cm(高さ) × 9.3cm(奥行)
重さ960g
防塵・防水IPX67
連続再生時間最大20時間



5色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓

⑥Anker Soundcore Motion300


最後は、ワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリーでも有名なAnker。

Jリーグの川崎フロンターレのスポンサーでも有名です。


2023年11月に発売された「SoundCore Motion300」は、ハイレゾ音源再生に対応したポータブルBluetoothスピーカー。


重量は「776g」と軽量では無いですが、1万3千円とリーズナブルな価格帯ながら、IPX7の防水仕様コンパクトなサイズ、連続再生時間も13時間とハイスペック。


・ポイントとなる仕様

サイズ20cm(幅) × 5.3cm(高さ) × 9.3cm(奥行)
重さ776g
防塵・防水IPX7
連続再生時間最大13時間



・詳細な仕様やレビューは↓

⑦Anker Soundcore 3 Mini


最後の最後は、

2020年11月発売の「Anker Soundcore 3 Mini」。


重さ「230g」と超軽量の超コンパクトサイズ。連続再生時間も15時間、IPX7の防水仕様ながら、

5千円で購入可能!


・ポイントとなる仕様

サイズ7.2cm(幅) × 7.2cm(高さ) × 8.4cm(奥行)
重さ230g
防塵・防水IPX7
連続再生時間最大15時間


ビーチやキッチン・お風呂でも利用可能ですね。


4色カラー有り。詳細の仕様やレビューは↓



いかがでしたでしょうか。

興味ある製品は、詳細な仕様やレビューをチェックしてみて下さい。

ではでは!

この記事を書いた人
キリン

<オト・アサリビト>

■ブログ3年目
<月間 1万〜3万PVくらい>

■レコード愛好家
<和モノ,R&B,AOR,MPBなど1500枚くらい所有>

■音楽サブスク、レコード、オーディオ、グッズ等で音楽を漁る日々

■ブログや各種サービス情報も紹介

Twitter、インスタやってます↓

良かったら、フォローお願いします♫
オーディオワイヤレススピーカー
スポンサーリンク
この投稿をシェアする♫
良かったら、フォローお願いします♫
オトアサリビト
タイトルとURLをコピーしました