タワレコ「bounce」と「intoxicate」どこで手に入る!?

bounce, intoxicate メディア

タワーレコードが毎月発行しているフリーペーパー「bounce」と「intoxicate」。

フリーペーパーとは思えない程、充実した内容ですね。

今回、、



今回の記事

・「bounce」と「intoxicate」とは?
・タワレコ店頭以外で手に入れる方法



を紹介します。

スポンサーリンク

bounceとは?

どんな雑誌?

国内最多数を誇る総合音楽誌であり、最大規模の音楽専門フリーマガジンでもあり、あらゆるジャンルを網羅したタワーレコードの店頭販促誌でもあり、音楽を愛する高感度なリスナーから常に熱い支持を頂いている――他に類を見ないユニークな月刊フリーマガジンです。変わり続けるミュージック・シーンの現在を斬新に切り取り、新しい感覚で音楽の楽しみを提案する・・・・・・つまり、〈NO MUSIC,NO LIFE.〉な感覚を共有するすべての人に向けて、質の高い情報を発信していくメディア、それが「bounce」なのです。

タワーレコードサイトより


毎月25日 に発行されています。

かなり前からbounceを知っていますが、いつから発行されているか調べてみたところ、、、

1982年〜日本のタワーレコード初のフリーマガジン「WESTCOAST MUSIC SCENE」
(現在の「bounce」)が誕生

とタワレコサイトに記載がありました。1982年!! 歴史があります。


読んだ事ある方はご存知かと思いますが、


フリーペーパーとは思えないボリュームと充実した内容 です!!


2021年12月号を確認してみたところ、、

66ページのボリューム


でした。

最新アーティストの紹介、インタビュー記事、邦楽・洋楽の最新チェック、いろいろなコラム・・・もあります♫

intoxicateとは?

どんな雑誌?

「intoxicate」は、タワーレコードのフリー・マガジン。1996年に創刊。2004年8月に雑誌名を「musee (ミュゼ)」より「intoxicate」に誌名変更し、今日にいたる。創刊より、メインストリームで紹介される機会の少ない音楽を積極的に紹介する。現在は、音楽だけでなく、映画、本などカヴァーするジャンルは多岐に渡る。

タワーレコードサイトより


隔月(偶数月)の20日に発行されています。※12月は10日


クラシック、ジャズ、ワールドミュージック、落語、映画、オーディオなど、CDの紹介とともに読み物も満載の「intoxicate」

タワーレコードサイトより


intoxicateも同様にボリュームたっぷりで、2021年12月号を確認したところ、、

88ページのボリューム


でした。


bounceはメジャーな邦楽・洋楽、intoxicateは「クラシック」・「ジャズ」など、大人なシックなテイスト という感じです♫

手に入れる方法

どこで手に入るのか?


  • タワーレコード店頭(フリー)
  • タワーレコードオンラインサイトより購入 (¥110)


の大きく2種類あります。 


普通の音楽雑誌だと だいたい1000円以上掛かるのに対して、店頭にいけば

「ただ(フリー)」で手に入ります! ※素晴らしいです


近くにタワーレコードが無い! という方は、、、紹介した通り、、、

タワーレコードオンラインサイトから購入


できます↓

タワレコオンラインサイト

より「検索」ボックスで「bounce」または「intoxicate」で見つけられます!


”110円” と激安値段なのですが、注意事項としては、、、

別途送料が全国一律「220円(税込)」掛かります。


店頭に行けない方の おすすめの手に入れ方は、、、


CD/レコード、グッズ購入と併せて、注文する


のが良いと思います↓

最後に

いかがでしたでしょうか。

タワレコ会員登録(無料)されていない方は、オンライン購入何かと便利なので

良かったら♫↓

この記事を書いた人
キリン

<オト・アサリビト>

■ブログ3年目
<月間 1万〜3万PVくらい>

■レコード愛好家
<和モノ,R&B,AOR,MPBなど1500枚くらい所有>

■音楽サブスク、レコード、オーディオ、グッズ等で音楽を漁る日々

■ブログや各種サービス情報も紹介

Twitter、インスタやってます↓

良かったら、フォローお願いします♫
メディア雑誌
スポンサーリンク
この投稿をシェアする♫
良かったら、フォローお願いします♫
オトアサリビト
タイトルとURLをコピーしました